API公開・製品一覧

Pocket

APIの公開

 

 
ソフトウェア開発の際、いちから全てを作るより、APIを利⽤すればもともとある

プログラムを呼び出して、その機能を組み込んだソフトウェアを

開発することができるものです。

 

例えば、Googleは「Google Maps API」という API を公開しており、

これを使うことで、スマホアプリ等の製作者はGoogle Mapの機能を呼び出し、

利⽤することができるのです。

 

APIを公開するメリットとしては、⾃社が保有するデータや

システム機能を有償で提供することにより、

既存ITシステムを収益源に変えることができる点です。

 

また、⾃社のデータやシステム機能を組み込んだ新サービスを、

外部者が創ってくれるようになるという、オープンイノベーション効果が

狙えるというわけです。

 

そして、APIを公開することによる収益配分率を、World社33.3%、

開発者33.3%、紹介者33.3%と決められています。

つまり、⾃分が紹介者となれば、⾃分が働かなくても勝⼿に収益が⼊ってくる状態を

構築出来るようになっているということです。

 

今まで、スマホやアップルウォッチを販売している代理店は、

売ったら終わりの収益モデルでしたが、売った後も何らかの形で、

報酬が⼊り続ける仕組みが整えられていることが

ワールドグローバルネットワーク(World Global Network)社の⼤きな特徴です。

 

 

ワールドグローバルネットワーク(World Global Network)社の製品一覧

 

ウェアラブル端末(デバイス)「HELO LX」

アップルウォッチ、マイクロソフトバンドなどを始めとするウェアラブルデバイスとは

⼀線を画す機能性を持ち合わせています。

他社製品は、⼼拍数、歩数計、歩⾏距離、消費カロリー、睡眠モニターの機能しかありませんでしたが

「HELO LX」にはライバル製品が決して追従できない機能を備え付けています。

このリストバンドをつけているだけで、⼼電図、⾎圧、心拍数、睡眠状態、

呼吸数、気分・情緒、疲労状態、万歩計、消費カロリーなど24時間、貴方の健康管理を監視してくれます。

 

また、遠く離れている大切な人の健康管理まで出来てしまいます(GPS通信)。さらに、SOS機能も・・・・!。

 

2017年度末までに、⾎中酸素濃度、血液の温度(体温)体温、⾎糖値、

⾎中アルコール濃度を計測できるようになっています。

 

また、蚊よけ機能もついてくるようですので、⾍除けスプレーなどがいらなくなるのです。

さらに、さらに、妊婦の可能性、風邪(インフルエンザ)の検証、パルス診断なども出来るようになるようです。

​凄すぎ・・・・!!

製品の動画も合わせてご覧ください。

 

 

 

電磁波カットシール「BioZen(バイオゼン)」

多くの電化製品が電磁波を持つようになった現代。電磁波による健康被害が多発するようになりました。

それを防いでくれる役割をもたらすのが「BioZen(バイオゼン)」です。

電磁波カットが科学的に実証されており、モバイルデバイスの使⽤による⼈体の負荷が軽減されることが医学

的にも証明されています。

実際にどれくらい電磁波をカットできるかの実験動画がありますので、ご覧ください。

 

 

AR製品「SPACE LUMINA(ルミナ)」

現実の世界に仮想の映像を重ねるAR。

実際に、製品を実演を通して説明している動画がありますので、ご覧ください。

まさに「⾰命」という⾔葉がしっくり来るはずです。

WGNが描いた近未来の動画

 

​この動画を見れば判るでしょう!! 全くVISIONはないです!!

 

 
ワールドグローバルネットワークを信頼できる4つの理由

1:格付投資情報センター(R&I)からの評価が世界最高ランクであること

格付投資情報センター(R&I)によって、世界最高レベルの格付けランクAAA(トリプルA)が与えられています。

この評価は、マイクロソフトと同ランクであり、日本を代表するトヨタ自動車やNTTドコモよりもランクが上です。

つまり、投資に値する企業・成長が期待できる企業として、抜群に評価されているという証明になります。

 

 

2:提携先企業が大手であること

ワールドグローバルネットワーク社の提携先として、代表的な企業「TOSHIBA(東芝)」の存在です。

東芝の最先端チップが主力製品のウェアラブルウォッチ「HELO LX」に搭載されています。

MLM事業に日本の企業が業務提携すること自体、異例な取り組みですが、それほど可能性のある企業として評価

を受けているという背景があります。

 

ワールドグローバルネットワークの創立は1994年で事業開始当初から、

イタリアで2位、ヨーロッパでも5位のインターネットサービスプロバイダを提供したことで、

急成長を続けてきました。

そして、現在のウェアラブル事業に参入し、現在は世界中に、100万人以上の会員がいます。

ワールドグローバルネットワークを信頼できる理由を、客観的な視点・データを元にご紹介します。

 

3:強固な会社基盤であること

ワールドグローバルネットワーク社の親会社であるワールド ∙ メディア&テクノロジー(World Media

Technology)社がNASDAQ(ナスダック)のOTC-PINKに公開しています。

さらに世界各地に支社があり、現在、世界展開中の成長率の高い企業です。

 

参考サイト:WGNの本社と支社の場所と数

4 : iPhone6&7のデザイナーが「アントニオ・デ・ローザ氏」が参画していること

iPhoneやアップルウォッチのデザインを手がけていた「アントニオ・デ・ローザ氏」が、appleでのキャリアを

手放してまで参画してきた会社がワールドグローバルネットワーク(WGN)社なのです。

よほどの可能性を感じていない限りは、appleのキャリアを手放すことなんて、庶民でも容易く想像がつくことだ

と思います。

実際に、アントニオ・デ・ローザ氏が自身の実績を公表しているサイトがありますので、参考までに覗いてみて

ください。過去に手がけていた製品は、世界的に有名な製品ばかりです。

作品集:https://www.behance.net/aderosa75

5 : まとめ

客観的な評価だけではなく、利用している会員の方も月々の継続率が80%以上という

驚異の満足度を得ている程の優良企業なのです。